大学生向け電子辞書のご紹介

電子辞書 大学生向け生協オリジナルモデル

電子辞書 文系モデル

文系モデル

電子辞書 理系モデル

理系モデル

※写真は2017年度モデルです。

安心ポイント
  • 大学生協特別価格
    (第二外国語コンテンツカードとセット価格)
  • メーカー保証4年間
  • 有償修理時学割対応

先輩の声

山根 雅広さん

教育学部4年
山根 雅広さん

大学の授業では、高校生のときより専門性の高い語彙を使う機会が増えるため、高校生のときに使用していた辞書では検索しても出てこないということもたくさんあります。

また、大学に入ると英作文や英語のエッセーを書く機会も学部を問わず数多くあり、そんな時にも、英語のコンテンツが充実しているととても便利です。大学での英文エッセーでは、同一単語の繰り返しを避ける必要があります。例えば、理由を示すときに使うBecauseという言葉でさえも、別の表現に極力言い換えをしなければなりません。そんなときに役に立つのが、類語辞典やイディオム辞典などです。自分が言い換えをしたい単語を入力するだけで、どのような言い換えの種類があるか、一目でわかることができます。単語の言い換えをうまくやらなければ減点をする、という授業もありますので、英語の語彙数は多いことに越したことはありません。


中西 啓介さん

先進理工学部 応用化学科3年
中西 啓介さん

電子辞書は高校から使っているのがあるし、いらないか。
そう思っている皆さん、大学生活では今までの電子辞書では対応できない場面がたくさんあります。
例えば英単語。理系の授業では専門用語が増えるため、高校生用のモデルでは載っていない単語なども格段に増加します。大学生用のモデルには理化学辞典も搭載されていて実験の際には役に立ちますし、第二外国語の専門辞書も搭載されているので、一つ保持していると勉強もスムーズに行うことができます。
時間の使い方がキーとなる理系の学生には大きなサポート材料となります。


新居里帆さん

先進理工学部 生命医科学3年
新居 里帆さん

私がおすすめするのは、生協の電子辞書です。大学では、高校と違って、第二外国語や専門知識微積分、また、英語に関しても扱う単語量は今までの数倍あります。そこで必要不可欠となるのが生協の電子辞書です。これはすごく優秀で、いくつもの辞典が入ってるので、毎日の学習に役立ち、手放せません!私も愛用して、毎日カバンの中に入れて持ち歩いています。この1台で大学の勉強は困りません。ぜひこの電子辞書を実際買って使用してみてほしいです。

上級生の電子辞書の使い方

具体的な使用例

第二外国語
多くの学部で、第二外国語が必修となっています。どの言語を学ぶにしても、最初はわからない言葉を自ら調べることが一番大切です。授業に参加するにしても、課題に取り組むにしても瞬時にわからない言葉を調べられる電子辞書は大学生には欠かせません。
また、第二外国語は新たに学ぶ言語であることが多いため、発音機能や手書き機能がついているとよりスムーズに学習が進められます。
英英辞典
早稲田大学では英語教育に力を入れているため、多くの学部が英語の授業に高いレベルを求められます。ネイティブの先生が行う授業で頻繁に使うのが英英辞典です。授業中に新たな言葉が出てきたときに“What is the meaning of this word? Answer in English.”と聞かれる場合があったり、試験では単語の意味を英語で書かせる問題が出たりすることもあります。
また、英語でレポートやエッセイを書く時にも英英辞典は活躍します。大学では専門的な言葉が多く出てくるため、英語でわかりやすく書き換える場合があったり、同じ言葉を反復して使わないためにあえて違う表現を使う場合があります。そのようなときにも英英辞典でその単語を調べるところから始めるのが一番効率的です。そのためにも、内蔵している英語のボキャブラリー数は多いことに越したことはありません。

イメージ

HOME